Chausser (ショセ) バケッタレザー長財布 D.Brown

2015.08.07 Friday

0
    職人の手技から生まれた至極のスキンステッチ。コックリとしたコゲチャの味のあるバケッタレザーを使用した収納力に優れた長財布です。Chausser (ショセ) バケッタレザー長財布 D.BrownChausser (ショセ) バケッタレザー長財布 D.Brown
    化学薬品ではなく、植物の渋などで鞣されたバケッタレザーと呼ばれる手なめし・手染めで仕上げられた革を用いて手作りされております。使い込むほどに色艶をまし、やわらかく味が出てきます。Chausser (ショセ) バケッタレザー長財布 D.Brown
    フラットな革の上に美しい立体感を与えるスキンステッチと言われる高度な意匠。(例えるならオールデンのローファーのモカ部分に使用されるつまみモカ部分)。革を貫かず革の内部のみを縫い通してつまみ上げるという、もちろん失敗の許されない職人の手仕事でしかなし得ないテクニックは、作り手の気合いが伝わって、ショセならでわのお財布に仕上がっています。Chausser (ショセ) バケッタレザー長財布 D.BrownChausser (ショセ) バケッタレザー長財布 D.BrownChausser (ショセ) バケッタレザー長財布 D.BrownChausser (ショセ) バケッタレザー長財布 D.Brown
    財布本来のカード類やお札コインなどの収納力もよく工夫されていて、長年使い続けて愛着のわく、思わず自慢したくなるような財布で、もちろんプレゼントにもオススメです。Chausser (ショセ) バケッタレザー長財布 D.Brown

    表:牛革
    ライニング:コットン
    カード入れ12、札入れ他4箇所
    横:19.2cm、縦:2つ折り時:10cm (オープン時:20cm)、マチ3cm〜 、小銭入れファスナー17cm





    *イタリア北部アルプス地方で育ったステア牛を原皮に、フィレンツェで10世紀もの歴史を持つバケッタ製法と呼ばれる、手なめし・手染めで仕上げた高級素材で丁寧に仕上げられています。植物タンニンをなめし剤として使用し時間をかけてゆっくりとなめす方法は近代的なクロムなめしに比べるとコストは高くなりますが、環境や自然にやさしいエコロジカルな製法になります。あまりの手間にイタリアでもバケッタを生産できるタンナーは少なく、現在では付加価値もある希少な高級素材となっています。

    気になる方は→Chausser (ショセ) バケッタレザー長財布 D.Brown
    コメント
    コメントする